風船の魔法使い学校生徒さんの活躍


日本各地に存在する風船の魔法使い学校生徒さんからの喜びの声を掲載します。

風船の魔法使い学校に入学した方は、

各地で開催した風船の魔法使いのバルーンアート教室の生徒さんや、

風船の魔法使いエリサのYoutube動画を見てバルーンアートを始めた方や、

校訓・理念に共感してくださった方等です。

中にはバルーンアートのプロとして大活躍している方、大会での受賞歴のある方なども居ます。

 

写真は、ご自身や作品、笑顔になったお客様の写真など、さまざまです。

あなたも風船の魔法使い学校に入学しませんか?

一緒に笑顔の連鎖を広げていきましょう!

 

風船の魔法使い学校への入学はこちらから!


高橋嘉恵様

エリサ先生! 本日パフォーマンス デビュー果たしました(u_u)☆


緊張して前日は眠れませんでしたが 地元社会福祉協議会さんの イベントで青い鳥 やらせてもらいました! ガタガタでしたが、みなさんの 反応も良かったです。


魔法使い学校のことも お話させてもらいました! これからも風船で笑顔を広げたいと思います!


先生みたいに 美しい鳥さんでは なかったのですが いずれは…(笑) 

そして何より 笑顔の配達人は まだまだ続けて行きます(o^^o)


主な活動エリア:福島県

ジョナサン様

老人施設でバルーンショーのあと、車椅子の入所者の方たちに、バルーンを作らせていただきました。


男性の方にご希望を伺うと

「繭!」と。

祖母の家が農家でよかった。養蚕業も営んでいました。

260で繭を作り、160でかいこ様をお作りしたところ、満面の笑みで喜んでいただきました。(←1回もひねってません(笑))。


手厚くお世話いただいているとはいえ、思い出すのは、何十年も桑の葉を刈って来て育てたかいこ様と過ごした日々なんだなあと思って、帰り道で涙が出てしまいました。


あとは、

「北海道を作って!」

というおばあちゃんもおられました。

娘さんと可愛いお孫さんが住んでいるということでした。

輪郭で北海道をお作りしました。


ひとりひとり、個性的なリクエストをいただき、私も、心を込めてお作りさせていただきました。たくさんの笑顔に出会うことができて、幸せな一日でした。


主な活動エリア:静岡県東部

ナナコ様

七夕の日、エリサさんの作品を参考に織姫さまをつくりました。

娘は大喜びで、しぼんでしまうまで毎晩バルーン織姫さまと一緒に寝てくれました。

写真は七夕翌朝の写真です。


主な活動エリア:福岡県北九州市

バルーンアーティストHIDE様

主に高齢者施設でバルーンアートを披露したりしています。

お年寄りの方たちが子供の様にワクワクしながら見て頂いたり、お孫さんにプレゼントすると言われ嬉しそうに持って帰られたりされると、渡したこちらも笑顔になりとても嬉しいです。

バルーンアートって大人でも子供でも関係なく笑顔にさせますね。これからも、もっと練習を重ね沢山の人を笑顔に出来る様になりたいです。


主な活動エリア:福岡県北九州市

バルーンアーティスト 小野田様

介護施設のクリスマス会にてバルーンでサンタクロースを作り、飾り付けをしました。

クリスマス会終了後に利用者さんがお孫さんにあげたいからと皆さんにプレゼントし持って帰られ、後日その利用者さんから、孫が大喜びし夜眠る時も離す事なく抱きしめて寝てました。と笑顔で楽しそうに話されておられ、その時バルーンアートってプレゼントした人だけじゃなくまわりの人まで笑顔にする魔法だなって思いました。


風船の魔法使い生徒ゆうと様

僕が入り始めた理由は、あるきっかけがあったからです。


それは、ショッピングセンターで、バルーンアートショーをやっていました。 ショーが終わって、風船をもらったのです。 周りを見てみると、みんなが笑顔でいっぱい!?


すごい!!   いいなぁ、 僕も笑顔にしたい!! と思いました。


僕はもともと、風船が好きで、笑わすのも好きでした。


でも、どうやって・・・ やったらいいのか?


パソコンで色々調べて、 「風船の魔法使い学校」と

出てきました。


内容をみて、 これだ!! と、思いました。



将来はクラウンの夢も持っているので、コミュニケーションとりながら何でもできる魔法使いになりたいです。


去年から、 町内会の会長さんから、「バルーンパフォーマンスやって欲しい」と言われました。学校祭の生徒会企画でバルーンアートやったのがきっかけです。 会長さんから今年は2回、呼ばれています。


目標は1000人を超えることです。


主な活動エリア:茨城県取手市近郊

もとみ様

娘の5歳の誕生日の為に何日か練習して、

当日は本人が幼稚園に行っている間に作って迎えに行きました。

帰って来てバルーンを見たときの娘の嬉しそうな様子は、

見てるこちらが嬉しくなるものでした♪


主な活動エリア:関西地域

マーブル様

風船がもっと気軽で身近なな物になればいいなって思って活動しています。


装飾やワークショップが主ですが

みんなに配って下さいってオーダーも

増えてきて・・・同じ価値観で相談できる仲間がいたらうれしいなって思っています。


泣いちゃってるお子ちゃまに

風船のプレゼントで泣きやんだ。

ママもお子ちゃまもよかったねって「ニコニコ」困ってたママにありがとうって言葉をもらってあったかい気持ちになるそんな瞬間がうれしいなって。


主な活動エリア:東京・小田原

美久人様

小田原進行倶楽部の大学生・中学生がタウンセンターのフェスティバルでバルーンアートを配っていました。なので飛び入りで参加してきました。


ダンスのステージに出演したであろう女の子(衣装着てた)が失敗したのか何なのか泣いていたのですが風船のお花をあげたら笑顔になってくれました♪


あと写真のときはハートが大人気でした☆


主な活動エリア:滋賀県

バルーンさくら様

 自閉症の親子の集いがあり、私はそのご家族の方からバルーンショーのお手伝いをお願いされました。未経験だったので一度はお断りしたのですが、どうしてもと言う事でしたので、当日を迎えるまで必死で捻る練習をしました。

 当日を迎え、不慣れな手つき!喋りは下手!なのに完成した作品を見て下さっていた親子が笑顔になってくださっていました。

 私にも、10万人に1人の割合の発生と言われている別の難病を抱えた子供がいるので、病気の子を持つ親の気持ちは、少なからず理解できるつもりです。

体力的にも精神的にも、そして経済的にも、毎日本当に大変だと思います。

 しかし、自分が前に立ち風船を捻り、それを見て笑顔になってくれている今その瞬間は、非日常的な大切な時間だと思いました。

 その笑顔に感動し、もっともっと上達し、もっともっと誰かを笑顔に出来る人になりたいと強く思いました。

 そして、本当に笑顔とパワーを頂いているのは、自分の方だと思いました。

 小さなゴム風船に、こんな力があることに感動。

そんなバルーンアートに出会えたことに感謝しています。


主な活動エリア:福井県若狭町・福井県敦賀市

かえで様

短大の授業の一環で福井県敦賀市の敦賀駅前ふれあい市というもので射的のお店を並行して射的で遊んでくれた人にバルーンアートをプレゼントしていました。

最初は犬とかプードルなど簡単なものをプレゼントしていたのですがいろんな種類があれば子どもたちも喜んでくれるかなと思いパソコンで調べて花のブレスレットを作ったり、ハロウィンにはかぼちゃを作ったり、クリスマスはサンタクロース、トナカイ、クリスマスツリーなどいろいろと作れるものが増えていきました。

バルーンをもらった子は笑顔で「ありがとう」と言ってくれて大事そうに持って帰ってくれました。


ふれあい市があるたびにその活動をアメブロで紹介していて、ブログの検索でバルーンアート作る人でヒットし、敦賀の子ども会からクリスマス会のバルーンアート教室をしてくれないかと頼まれました。子どもたちは楽しそうに作ってくれてほんとうに嬉しかった♪



主な活動エリア:関東

MIYUKI☆様

4月から小学校に入学した息子が、幼稚園でお世話になった先生のお誕生日に、クラス全員で幼稚園に集合し、サプライズのお誕生日会をやりました。

そのときに、エリサさんの動画を見ながら作ったケーキのバルーンを先生にプレゼントしました。

袋から出した時、先生や、お友達、保護者の方・・・同席したみんなが笑顔になり、先生や子供達の記憶に残る楽しい会になり、作った私自身も笑顔になれ、もっともっとバルーンを練習していきたいと思いました。


主な活動エリア:香川県

DAISUKE様

「風船が壊れた(ToT)」

イベントで娘がもらった風船の犬。嬉しくてひねっていたのでしょう。見ると後ろ足がほどけていました。


こんな時直してあげる事ができたら・・・


そんな思いから作るようになったバルーン。どんどんのめり込んで行き、気がつくと娘以外に渡すチャンスに恵まれるようになりました。


初めてのバルーンデビューの日。カンフーをしている仲間を巻き込んで一緒にイベントに参加してきました。

大雨が降る中参加者は数えるほど。それでも傘をさしながら何人かの親子連れがやって来ました。



「作ってくださぃ」


勇気を出してお願いする子ども達。


一本の風船から様々な形が生まれるのを不思議そうな眼で見つめています。


「できたよ♪」


渡す瞬間はまだ緊張が残っていますが、もらった後は嬉しそうな笑顔がはじけていました。



数年前バルーンが壊れたと泣いていた娘。

今日は人を笑顔にさせる魔法使いになっていました。


もらった人


つくった人


お互いに笑顔が生まれるバルーンに出会えて本当に幸せです。これからも笑顔の連鎖が生まれるよう楽しんで続けていきたいと思います。


yukiko様

家族や子どもに渡す以外初めて友人へプレゼントしました!

私はドキドキ。

友人はすごくビックリしていましたが、とても喜んでくれました!

ありがとうって言われたけど、私の方こそありがとうって思いました。

もっとたくさんの人に、作ってあげたいと思っています★


主な活動エリア:愛媛県

はるまん様

私は、NPO法人で子どもたちや青少年の心と体の健全育成を図る活動を行っています。

学童・学生の悩み相談の先生として、学生ボランティアとの活動が多い中、私は以前趣味で始めたバルーンアートを学生ボランティアと一緒にするようになりました。

学生たちとバルーンアートの練習をしていることを、近くの保育園の園長先生に話したところ、ぜひ子どもたちの前でショーをやってくださいと頼まれました。

もちろん、ショーなんてやったことなんてありません!ですが、私の中で普段から体験企画などで子どもたちを楽しませている自分が、こうして別の所で子どもたちを喜ばせることが出来るならやってみようと思い、実際に簡単なパフォーマンスを保育園でやったところ、子どもたちの目が私の作る風船に釘付けではありませんか!ちょうだい、ちょうだい!と子どもたちの声がとても凄かったのを覚えています。

このことを学生ボランティアに話すと、私たちも一緒に活動したいとさらに学生達にまで火がついてしまいました。

作品展や施設訪問などいろいろ活動していく中で一番嬉しかった事は、いじめられて引きこもりがちになっていた高校生の女の子が、私の所に来た時、少しでも癒しを与えようと風船で花を作ってあげました。するとその女の子は、いきなり号泣してしまったのです。いきなり号泣した女の子が落ち着いた頃、理由を聞いてみると、『私、親からプレゼントしてもらった記憶がない。だから先生からのプレゼントが凄く嬉しかったんです。』と言われました。それからその女の子は、私と共にバルーンで「ありがとうの花を届けよう」という活動に参加し、今でも明るく元気に過ごしています。


主な活動エリア:栃木県

みなと座様

リトミック教室終了後、子ども達にハートのバルーンを作って渡すと大喜び。会場内を走り回ってなかなか帰りませんでした。

初めて参加した子ども達も、すっかり打ち解けていて、それを見守るママも笑顔でした。


主な活動エリア:静岡県

みはる様

このあいだ、福島県から避難してきている方と、知り合いになりました。

その方が、私の作品をとても気に入ってくださり、娘さんにプレゼントをしたいと!


私も、よろこんでもらいたくて、一生懸命つくりました。

その作品が、写真のはなかごです。


娘さんは、とても喜んでくださいました。


福島のお友達にも!

ということで、たくさんつくりました~


私の作品で笑顔がたくさんひろがると思うと、とてもうれしいです。


主な活動エリア:静岡県

まさし様

7月中旬、子供の幼稚園の夕涼み会で、バルーンアート店を出店させることになりました。夕涼み会前日、奥様である「みはる」と一緒に、幼稚園の他のお母さん方と混じって作品を作り出店準備に参加しました。

全員が作れるように、作品は1本で出来る動物、剣、花のブレスレットのみにしました。

作品を作っている途中、他のお母さん方から作品の出来を褒められご満悦(^-^)当然ながら自分お奥様は全員から尊敬の眼差し!それにも鼻高々♪

幼稚園内で準備していたため、子供達もたくさん集まり「何を作っているの?」と聞かれながら準備を進めました。

夕涼み会当日、子供達にはクジを引いてもらい、男の子の当たりは剣、女の子の当たりは花のブレスレット、それ以外は動物としました。子供達がクジを引き、クジが当たった時の喜びと、その風船を手渡された時の笑顔が最高に輝いていました。

その様子を間近で見て、凄く心が温まり豊かになりました。また色々な人に配る機会があれば、奥様と一緒に作ってみたいです...アシスタント的な存在ですが(汗)もっと作って技術を磨かなくちゃ(>_<)


写真の作品は、森ウサギを少しアレンジしてリスにしてみました(^-^)/


主な活動エリア:静岡県の自宅

Ami様

みはるの娘 あみです。

最近、ママのまねをしてバルーンアートが上手になってきました。

小学2年生です。

 この間、おうちに遊びにきていた友達に、お花のブレスレットをプレゼントしました。

とても喜んでくれました。

森ウサギもがんばって作りました。


ファル様

主な活動エリア:愛知県

私は36歳ですが今高校に通っています。衛生看護科です。子供もいますが、毎日楽しく時に必死に頑張ってます。わたしがバルーンと出会ったのは学校の生徒会活動でボランティアです。

そこで初めて子供たちにバルーンを作りました。いえ、作らざるをえない状況になってしまったのです;お客さんが長蛇の列なのに作れる子は2人だけ。友達が休み無く作り続けているのを助けたいという思いからでした。ものすごくバランスの悪い剣を作りました。わたしが恐る恐る作った剣を小さな男の子は満面の笑みで受け取ってくれました。あんなに不格好なのに。。そこから心の中でなにかが切り替わり、バルーンに対する恐怖感がどこかに消えちゃいました。小さな男の子の笑顔でお母さんが笑顔になり、その笑顔はつながっていく!すごい!!!すごいです!その日からバルーンのことで頭がいっぱいになりました。誰かの喜ぶ顔がこんなにもエネルギーを持っているとは。いままでバルーンなんて可愛くないし興味無いなんて言ってた自分がウソみたいです。

まだまだ初心者だけど、いつか患者さんを笑顔にできるバルーンパフォーマーナースになりますっ


主な活動エリア:高知県を中心に四国内外

Mr SAMEPON様

【1】アレルギーの関係で誕生日にケーキを貰ったことが無い女の子。


親御さんからの依頼で、「ハッピーバースデーディア○○ちゃん」の文字を入れたデコレーションケーキのバルーンアートを作って、持って行った時のこと。


ドアを開けて出てきた小さな女の子にそれを渡したら、満面の笑顔で頭の上に掲げて、スキップして喜んでました。


それを見て私も笑顔+涙目になりました♪



【2】イベント会場での配布の後に、キャラクターの腕輪を差し上げたお子さんのお母さんからお礼のメールが。


貰った後、ずっと大喜びで、寝るまで機嫌が良くて、腕輪をしたまま寝てしまったとのことでした。



【3】ピアノ発表会の会場で、ステージ上のデコレーションを行った時のこと。


全てのプログラム終了し、壇上で出演者全員の集合写真を撮った後、先生が「ピアノの横のバルーンのお花を、欲しい人は持って行ってくださーい」と言ったとたん、撮影の列が一斉にそちらへダッシュ(笑)

たくさんあったお花が数秒で全部なくなりました。


小さな子供さんから、おじいちゃん・おばあちゃんまで、自分の顔より大きな薔薇の花を抱えて、笑顔で帰っていきました。


主な活動エリア:東京都

★MIHARU★様

おばあちゃんの88歳の米寿のお祝いにバルーンをプレゼントしたらすごく喜んでくれました^-^


その『笑顔』を見ることができて本当に幸せでした^-^


これからももっとたくさんの人に『笑顔の魔法』をかけていきたいです☆?。・。・★。・。☆・?。・★・


主な活動エリア:北海道留萌市

N.GOTO様

昨年の8月、るもいゴールデンビーチに風船の魔法使いエリサさんがやってきました。

海水浴に来た子供たちは大喜びでした。

私はその光景を見て「やっぱりプロでやっている人はすごい」とボンヤリ見ていました。

・・・・まさか自分がやるとはまったく考えもしませんでした。


その後、1月に子供たちを対象にしたイベントがあり同僚でバルーンアートを

やる人がいたので参加してもらったところ、大人気。それをみたある人が

「バルーンアートをならいたい」との要望が!


3月に講習会をやってみたら思わぬ大盛況。私も仕掛け人の職責上、講習会に

参加したところ、意外とオモシロイ!!!


講習会を2回やったところで「サークル」をつくってみようとの天の声。

4月末に「オロオン・バルーンアート・サークル」が会員約20名で発足しました。


当面はじっくり技術力アップをしようと思ったら、次から次にイベントでの

参加依頼が。そして、バルーンアートをもらった子供たちが本当に喜んでくれました。


自分たちも楽しいしもらった人も嬉しい、まさに笑顔の連鎖の一年が

あっと言う間に過ぎました。


その間にエリサさんにも来てもらい講習会も開催してもらいました。

同じプードルでも全然出来栄えが違うことがよくわかりましたし、

作り方一つでも待っている子供達にもちょっと参加してもらうと

更に嬉しさが増すことも実感しました。


来年は、原点を忘れず「笑顔の贈り物バルーンアート」を留萌に広げて行きたいと

おもいます。


目標は、「秘密のケンミンショーで「留萌に住む北海道民はみんなバルーンアートができる」

ようになることです。\(^o^)/


主な活動エリア:奄美大島

きにーね!様

友人の誕生日会で何もプレゼントを用意してなかったのでとっさにバルーンを作ってプレゼントしたらめっちゃ喜んでもらえました!!


主な活動エリア:神奈川県横浜市

あーちゃん様

甥っ子と出掛けた先にて、キャンペーンでもらったお花のバルーン。

甥っ子は大喜びだったのですが、あっという間に割れてしまって・・・。

その時の落ち込みようが可哀そうで、それなら私が作ろうと一念発起。

甥っ子の喜ぶ顔見たさにバルーンアートを始めました。

作ってみたらとっても楽しいし、子供たちも大喜びでした。


これは上の子のサッカー優勝のお祝いに食事に行った時の写真です。

次の日には、この子のガーフレンドの誕生日プレゼントに同じものを作ってプレゼントしましたよ。